外国人技能実習制度

外国人技能実習生受入れ制度について

技能実習生への技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼をになっています。 技能実習制度は、通常3年(最長5年)の期間において技能実習生が雇用関係の下、日本の産業職業上の技能等の修得、習熟することを内容とするものです。
外国人技能実習生は、民営または国公営の送出し機関から派遣され、日本側の受入れ機関において技能実習をします。開発途上国への技術移転を確実に行うため技能実習計画が作成され、これに沿って研修し帰国後、その技術等を活かし母国の産業の発展に寄与しています。

受入れのメリット

実習風景 実習風景

●安定した技能労働力の確保
●職場の活性化・生産効率の向上
●活力ある人材採用
●国際化へのステップアップ

受入れの流れ

エフ・アドバンス経済協同組合は、団体監理型で組合が窓口になり実習生を受入れます。
申込から帰国までは以下のような流れとなります。

受入方法

今後の流れ

政府は最長5年の「技能実習」を終えるなどした外国人が、さらに最長で5年就労できるようにするため、出入国管理及び難民認定法(入管法)改正案を秋の臨時国会に提出、成立させ、来年度からの新制度施行をめざしています。


技能実習生の受入れ人数枠

受入企業の常勤職員数により、1年間に受入れることができる人数(受人れ人数枠)が制限されます。


受入企業 常勤職員数 1年間で受入れ可能な技能実習生の人数
301人以上 常勤職員の20分の1
201人以上〜300人以下 15人以内
101人以上〜200人以下 10人以内
51人以上〜100人以下 6人以内
41人以上〜50人以下 5人以内
31人以上〜40人以下 4人以内
30人以下 3人以内

エフ・アドバンス経済協同組合
〒830-0062 福岡県久留米市荒木町白口1372番地2 TEL 0942-51-3830 FAX 0942-51-3823 E-mail info@f-advance.com

トップページ